ブライトエイジ美白効果(シミ)の40代口コミ評価とは|アットコスメと楽天レビュー

いま、40代の方にブライトエイジが少しずつ人気が出てきていると言われていますが、その秘密はどこにあるのでしょうか?

ブライトエイジは「美白・ハリ・高保湿のすべてに対応できる」化粧品とありますよね。

でも、「本当なの?」って思ってしまいませんか?

そこでこの記事では、アットコスメと楽天コスメにある40代の方の口コミ評価から、ブライトエイジの美白効果を調査してみました。

この記事では、ブライトエイジの美白に関する40代の方の口コミ評価とトラネキサム酸の美白効果が分かる内容になっています。

ブライトエイジのアットコスメと楽天コスメにある40代のクチコミとは

ブライトエイジの40代の方の口コミを調べるために、アットコスメと楽天コスメのクチコミを調査すると、意外な事実が分かりました。

楽天コスメにはブライトエイジのクチコミがまだありませんでした。(2018年7月現在)

そこで、アットコスメでのブライトエイジのクチコミを調べてみると、アットコスメではブライトエイジの40代の方の口コミがありました

アットコスメでのブライトエイジの40代の美白に関する口コミ

アットコスメでは40代の方のブライトエイジの口コミのありましたので、40代の方がブライトエイジを使ってみて感じた美白効果について見て行きたいと思います。

リフトホワイトローション(化粧水)40代の口コミ

使用し始めて二週間くらいですが、全体にワントーンくらい明るくなってシミも薄くなった気がします。引用:アットコスメ

選んだ一番の理由はリフトアップ!肌のハリが使った日から実感できたからです。濃いシミは気持ち薄くなったかな?程度ですが、これは使い続けてみたいと思います。引用:アットコスメ

ブライトエイジの化粧水リフトホワイトローションの40代の方の口コミ件数は多くはありませんでしたが、美白に関する評価や感想はいくつかありました。

ホワイトローションの美白に関する評価では、「少しお肌が明るくなって来たかな?」という実感を感じられた方がおられました。

ブライトエイジの美白成分トラネキサム酸は美容液にメインで入っていますので、化粧水の口コミでは美白効果を実感したという評価は少ないのかも知れませんね。

ちなみに、ホワイトローションの口コミでは、お肌に合わなかったというクチコミもありました。

トラネキサム酸に限らず効果の高い美容成分は、効果が期待できる分お肌に異変を感じる方もおられるのは事実なのです。

リフトホワイトパーフェクション(美容液)の40代の口コミ

この製品の中では1番良い商品だと思います。使い始めて二週間ですが、…シミが薄くなったように感じられます。引用:アットコスメ

化粧水とコチラをこれにしてから肝斑は薄くなるし肌は明るくなるし、小ジワがピーンとなりました。ニキビなんて出なくなりました!引用:アットコスメ

ブライトエイジの美容液リフトホワイトパーフェクションの美白に関する評価や口コミをまとめると、「なんとなくお肌のトーンが明るくなった」という評価と感想でした

ブライトエイジのトラネキサム酸の美白効果

美白ケアはご存知のように、どのような美白化粧品でも効果があらわれる方とあらわれにくい方がおられます。

なぜ、人によって美白効果に差が出るのかというと、その理由の一つはお肌の中にできたメラニン色素の深さや量に関係していると言われています。

お肌にできたメラニン色素は、ターンオーバーとともに古い角質と一緒になってお肌からはがれ落ちることによってお肌に透明感が出てきます。

しかし、ターンオーバーが乱れていると、お肌の中になるメラニン色素もうまく剥がれ落ちなくなり、シミやくすみの原因になると言われています。

トラネキサム酸の美白効果とは?

トラネキサム酸とは、ブライトエイジを開発した第一三共オリジナルの成分。

医薬品や化粧品に使用されており、2001年からは美白効果が注目されている成分。

トラネキサム酸は医療用で1965年に発売されて以来、50年の実績があります。

そして最近になってメラニン色素にもトラネキサム酸の効果が確認されました。

このように、トラネキサム酸には年齢肌炎症による肌トラブルを抑える働きと、メラニン色素に対する効果が確認されたことから、ブライトエイジに配合されました。

▽トラネキサム酸の効果を詳しく知りたい方はこちらの動画をご覧ください。(トラネキサム酸の説明の部分から始まるようになっています。)


引用:youtube

トラネキサム酸にも合う合わないがあるの?

美白効果があるとして注目のトラネキサム酸ですが、人によってお肌に合う合わないがあるのでしょうか?

例えば、SKⅡの大人気美容液フェイシャルトリートメントエッセンは多くの女性に絶大な信頼を獲得していますが、一方ではお肌に合わない方もおられます。

このように、多くの方に人気フェイシャルトリートメントエッセンスでも合わない方がおられるように、トラネキサム酸においても合う合わないがあるのではないかと思います。

ブライトエイジの特徴とは

ブライトエイジは、年齢肌炎症によって引き起こされるシミ・シワ・くすみなどの肌トラブルを改善するために開発されました。

年齢肌炎症とは、年齢を重ねるごとにお肌の中に微弱な炎症が起きやすくなる症状のこと。

30代~40代で肌質が変化したり、20代までは敏感肌ではなかったけど30代でお肌が敏感になったりするのは、年齢肌炎症が原因なのかも知れませんね。

年齢肌炎症が起こると、第一三共さんの考えではシミ・乾燥・シワ・くすみなどいろいろな肌トラブルが起こる原因になるということです。

年齢肌炎症から発生するお肌にダメージを与える物質

年齢肌炎症が発生すると、肌トラブルの原因になるダメージ物質が発生。

▽年齢肌炎症から発生するダメージ物質

引用:ブライトエイジ公式サイト

年齢肌炎症による肌トラブルは、年齢肌炎症から発生するダメージ物質によるものとされています。

そして、トラネキサム酸にはダメージ物質を抑える働きがあることから、年齢肌炎症によるシミやくすみ・シワなどの肌トラブルに効果が期待できるのだそうです。

しかし、トラネキサム酸はダメージ物質をすべてブロックすることは出来ないようで、トリプターゼと呼ばれるダメージ物質だけをブロックするそうです。

ですので、トラネキサム酸配合のブライトエイジを使ったからといって、年齢肌炎症による肌トラブルをすべて抑えることは出来ないということでしょう。

ただ、トラネキサム酸は肌トラブルの原因になるダメージ物質トリプターゼの働きをブロックしますので、年齢肌炎症による肌トラブルに効果を発揮するというわけなのですね。

トラネキサム酸の美白効果に個人差がある理由(推測)

先ほど、トラネキサム酸の美白効果は人によって効果に差が出るとお話ししましたが、なぜ、トラネキサム酸の美白効果に差が出るのかを考えてみました。

トラネキサム酸の美白効果に差が出る理由は、『年齢肌炎症から発生される炎症物質の発生量に個人差があるのではないか』ということです。

年齢肌炎症から発生するダメージ物質は、トリプターゼと呼ばれる物質以外にもいくつかあるようです

仮に、トリプターゼ以外のダメージ物質をダメージ物質α・ダメージ物質βとしてみます。

トラネキサム酸はダメージ物質のトリプターゼには効果がありますが、ダメージ物質αやダメージ物質βには効果があるのかまだ分かっていないようです。

もし、年齢肌炎症から発生するダメージ物質の発生量に個人差があるとすると、トラネキサム酸による美白効果にも違いが出てくることが考えられます。

例えば次のような例を見てみましょう。

▽年齢肌炎症による各ダメージ物質の発生量
Aさん→トリプターゼ60%・ダメージ物質α30%・ダメージ物質β10%
Bさん→トリプターゼ40%・ダメージ物質α30%・ダメージ物質β30%

トリプターゼの発生量がAさん60%・Bさん40%とすると、トリプターゼに抑止効果があるトラネキサム酸の働きには、AさんとBさんで違いが出ることが推測されます。

以上の推測から、ブライトエイジの美白効果に個人差がある原因は『トリプターゼの発生量に個人差があるから』といえるのかも知れません。

以上のようにトラネキサム酸と美白効果の関係をとらえると、動画の内容が理解しやすくなると思います。

▽トラネキサム酸と美白効果の関係

引用:youtube

ブライトエイジ(トラネキサム酸)が気になる理由

「40代になり、20代や30代の頃とは肌質が変わって来た。」

「お肌の調子もなんとなく良くない。」

「でも、お肌の不調の原因がどこにあるのかよく分からない…。」

40代になると、以前には感じなかったお肌の変化を感じることが多くなるかも知れません。

以前なら、スキンケアをし忘れてもなんともなかったお肌が、今はスキンケアをちゃんとしていても効果を感じられない…。

「どうしてなんだろう…。」とお悩みのときに年齢肌炎症のことを知って、自分の肌の悩みは年齢肌炎症にあるのではないかと思ったのではないでしょうか?

40代になってから出てくるお肌のお悩みで多いものは、眉間のシワ・ほうれい線・目元の印象そしてシミやくすみなどの肌トラブルなのです。

眉間のシワにはポーラのリンクルショット、ほうれい線にはビーグレンのQuSomeリフト、目元にはエリクシールなどお試ししてみたい化粧品がありますよね。

では、年齢肌炎症による肌トラブルを改善するために開発された化粧品は何があるでしょうか?

ブライトエイジが気になる理由は、年齢肌炎症が自分の肌トラブルの原因なのかも知れないと感じたからではないでしょうか?

そして、年齢肌炎症に効果がありそうな化粧品はブライトエイジ以外には見かけたことがないことも理由の一つにあげられるように思います。

だからこそ、お肌の改善のために年齢肌炎症に効きそうなブライトエイジをお試ししてみたいと迷っているのだと思いました。

特に、美白にお悩みの方にとって、美白効果があるトラネキサム酸配合のブライトエイジは気になりますよね。

トラネキサム酸配合化粧品

多くの化粧品ブランドから美白化粧品が発売されていますが、美白化粧品で一番有名な化粧品は資生堂の「HAKU」。

「HAKU」に配合されている美白成分は4MSKとm-トラネキサム酸

4MSKとは、資生堂オリジナルの美白成分で、メラニン色素の過剰生成を抑える働きがある成分。

ブライトエイジとHAKUの美白効果を比較してみると、ブライトエイジとHAKUにはどちらにも美白成分のトラネキサム酸が配合されています。

しかし、HAKUにはトラネキサム酸以外にも、資生堂オリジナル美白成分の4MSKが配合されています。(4MSKがどんな成分なのかは資生堂の企業秘密のようです。)

このことから、ブライトエイジとHAKUの美白効果を成分だけで比較すると、HAKUの方が美白効果が高いことが考えられますね。

では、美白化粧品を選ぶときにはHAKUを選べばよいということでしょうか?

美白成分の浸透技術

美白化粧品を選ぶときに大切なことは、どんな美白成分が入っているかも大切になりますが、もう一つ、大切なポイントがあります。

美白化粧品を選ぶときの大切なポイント。

それは「美白成分がお肌の中のトラブルのもとにちゃんと浸透するかどうか」ということ。

美白化粧品を選ぶときにどんな美白成分が入っているのかが大切ですが、もう一つ大切なことは、美白成分をトラブルのもとへちゃんと届けることなのです。

美白成分をお肌に浸透させてトラブルのもとに届けるにはとても高い技術が必要!

では、ブライトエイジとHAKUはどのようにして、美白成分をお肌に浸透させてトラブルのもとにとどけるのでしょうか?

ブライトエイジはナノフィールミセル、HAKUは抗メラノ機能体という技術を使って美白成分をお肌に浸透させ、トラブルのもとに届けます。

  • ブライトエイジ…ナノフィールミセル
  • HAKU…抗メラノ機能体

ナノフィールミセルと高メラノ機能体のどちらがお肌への浸透力が高いのかは、実際には分かりません。

ブライトエイジの浸透技術は、第一三共ヘルスケアの医薬品開発の技術が使われていますので、かなりレベルの高い浸透技術を採用しているのではないかと思われます。

HAKUとブライトエイジ

お肌のシミやくすみ対策でブライトエイジとHAKUのどちらを使おうか迷ってしまいますよね。そんな時には、

配合されている美白成分の種類だけではなく、美白成分を浸透させる技術が高いと思われるブランドをお選びになるのが良いのではないかと思います。

先ほどにもお話ししましたが、ブライトエイジは製薬会社が作った化粧品ですので、美肌成分の浸透技術も高いことが考えられます。

またそうであるからこそ、ブライトエイジは新しいブランドですが、美白化粧品としてだんだんと人気が出てきているのですね。

▼人気の美容液

引用:ブライトエイジ公式サイト

美白化粧品ブライトエイジとHAKU

ブライトエイジとHAKUとの浸透技術についてお話ししてきましたが、美白成分をお肌に浸透させてトラブルのもとに届けることが大事であることが分かりましたね。

どんなに良い美白成分が配合されている化粧品でも、美白成分がトラブルのもとに届かなければ効果をを発揮しないのです。

美白成分をお肌に浸透させる技術について、ブライトエイジは医療技術、HAKUは資生堂の技術が使われていることが分かりました。

ブライトエイジとHAKUはどっちがおすすめ?

HAKUがおすすめな方

  • 美白化粧品で一番人気がある化粧品をお試ししてみたい方
  • 美白成分が2種類配合されている化粧品をお試ししてみたい方。
  • 予算に余裕がある方(HAKU美容液45g10,800円(税込))
  • 資生堂が好きな方。

ブライトエイジがおすすめな方

  • 美白成分トラネキサム酸を開発した第一三共の化粧品をお試ししてみたい方。
  • HAKUをお試ししたけど効果を実感できなかった方。
  • 製薬会社の浸透技術が一番高いのではないかと思う方。
  • 美白ケアとともにハリと潤いのケアも同時に行いたい方。
  • 化粧水と美容液の2ステップでスキンケアがOKな化粧品をお探しの方
  • お肌のお悩みが年齢肌炎症にあるのではないかと思っている方

年齢肌炎症によるシミやくすみを改善したい方は、ブライトエイジは一度はお試ししてみたい美白化粧品ではないかと思います。

しかし、先ほどのお話ししましたが、ブライトエイジに配合されている美白成分のトラネキサム酸は、どんな方にも効果があるとは言えないことが分かりました。

ただこのことは、m-トラネキサム酸が配合されているHAKUやでも同じことが言えます。

『ブライトエイジとHAKUはどちらが美白効果が高いのか』というよりも、どちらがお肌に合うのかを知ることが大切。

ですので、お肌のシミやくすみが気になりだしたときには、まずはご自分が気になる美白化粧品をお試ししてみるのが良いのではないかと思います。

美白化粧品を選ぶときの一番のポイントは、「美白化粧品に期待しすぎない」そして「継続して使い続けられそうな化粧品を選ぶ」ということが大切です。

美白化粧品に限らず、基礎化粧品でもお肌に合うものと合わないものがあるのは事実ですので、美白化粧品もゆっくりと自分のお肌に合うものを探してみるのが良いと思いますよ。

お肌のシミやくすみの改善は時間がかかるものですし、効果を実感しにくいのが美白のお悩みだと思います。

しかし、シミやくすみを改善するためには、やはり美白化粧品の力が必要なのですね。

お肌がきれいだとそれだけでうれしいものですし、鏡をみるたびに「ニヤッ」としてしまいますよね。

また、周りの人から「なんか最近、おきれいになりましたね」といわれることが増えるかも知れません。

このようなことが増えることによって、「やっぱり私ってすごかったのね」とあらためて実感できるはず。

そういったことを踏まえると、気になる美白化粧品があるときには、まずはお試しから始めるのがおすすめなのです。

公式限定|ブライトエイジのお試しはこちら

ブライトエイジ公式|トライアル(PC)

ブライトエイジ公式|トライアル(スマホ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする