≪秋冬はブライトエイジがおすすめの理由≫

トラネキサム酸には美白効果※1肌荒れを抑える作用があります。
ですので、紫外線と肌の乾燥が気になる秋冬にピッタリの有効成分ですね。
ブライトエイジ※2にはトラネキサム酸がしっかりと配合されていますので安心です。
※1メラミン色素の生成を抑えしみそばかすを防ぐ効果
※2化粧水・乳液状美容液・夜用クリームなど

 

ブライトエイジと敏感肌・アトピー肌の関係とは|肌荒れケア

ブライトエイジは、敏感肌やアトピー肌でも使えるのでしょうか?

そこで、ブライトエイジは、敏感肌やアトピー肌の方も使えるのかを調べてみました。

この記事では、ブライトエイジと敏感肌・アトピー肌との関係が分かる内容になっています。

≪ブライトエイジ基本情報≫

リフトホワイトローション リフトホワイトパーフェクション
製品名 化粧水 乳液状美容液
特長
  • うるおい重視
  • みずみずしいテクスチャー
  • 美容液の浸透を助ける
  • 乳液と美容液が一体化
  • 時短スキンケアが可能
  • トラネキサム酸高配合
おすすめの人

潤い
美白
くすみ
毛穴
年齢肌

美白
潤い
ハリ
シワ
年齢肌

口コミ評価 口コミ評価
容量
価格(税抜)
120mL
5,000円
40g
8,000円
トライアルセット(10日分) トライアルセット

↓↓↓
あり(同左)
トライアル詳細(PC)

トライアル詳細(スマホ)

同左

ブライトエイジと敏感肌・アトピー肌|肌荒れ

はじめに、敏感肌とアトピー肌の違いを簡単にご紹介したいと思います。

≪敏感肌・アトピー肌とは≫

  • 敏感肌とは、肌のバリア機能が弱くなることにより、肌がヒリヒリしたり赤みを生じやすい肌質のこと。
  • アトピー肌とは、肌のバリア機能が弱くなることにより、強いかゆみが慢性的に繰り返される肌質のこと。
    ※アトピー肌は正式にはアトピー性皮膚炎といいます

以上の、敏感肌とアトピー肌の定義から、ブライトエイジと敏感肌・アトピー肌の関係をみていきましょう。

ブライトエイジは敏感肌・アトピー肌でも使っていいの?

ブライトエイジが敏感肌・アトピー肌でも使用できるのかを、ブライトエイジ公式サイトで調べてみました。

すると、ブライトエイジ公式サイトには、敏感肌・アトピー肌に関して次のように記載してありました。

≪公式サイトより≫

Q:アトピー・敏感肌でも使えますか?

A:アレルギーテスト、パッチテストなどを行い、安全性の十分に確認された商品ですが、まれに肌に合わないという方がいらっしゃるかもしれません。
もしご不安でしたら、1度パッチテストをしていただくことをお勧めいたします。
引用:ブライトエイジ公式サイト

ブライトエイジ公式サイトによると、ブライトエイジは敏感肌・アトピー肌でも使用できるとあります。

ただ、敏感肌・アトピー肌は人によって症状が違います

なので、ブライトエイジが肌に合わないこともあるかも知れません。

そういったことから、ブライトエイジが肌に合うか心配なときは、パッチテストをするのがおすすめということです。

パッチテスト・アレルギーテストとは|赤み・かゆみ・肌荒れ

パッチテストとは、化粧品などの成分が肌に合うのか調べるための試験のこと。

自分でできるパッチテストは、「二の腕の内側に化粧品をぬって48時間後の肌の状態をみる方法」が一般的な方法になります。

48時間後にお肌に赤み・かゆみ・肌荒れなどの症状が起きていない場合は、アレルギーが起きないとされています。

詳しいことは省きますが、48時間後にあらわれるアレルギー反応は、遅延型アレルギー反応と呼ばれるアレルギーになります。

遅延型アレルギー反応がでなければ、安心してお使いになれる化粧品であるといわれています。

ちなみに、「アレルギーテストとは、パッチテストを3週間の期間内に9回おこない、9回目のパッチテストから二週間後にもう一回パッチテストを行う試験法」とされています。

敏感肌・アトピー肌の改善にはお肌のバリア機能を高めることが必要

先ほどもお話ししたように、敏感肌やアトピー肌を改善するためには、肌のバリア機能を整えて、肌が外部の刺激に強くなることが必要です。

では、どうすれば肌のバリア機能を整えることができるかですが、「肌のバリア機能を整えるには、肌の保水力を高めることが大事」になります。

肌のバリア機能が弱い状態は、肌の保水力も弱い状態といえます。

反対に、肌の保水力が高いということは、バリア機能が整って肌の中の水分がしっかりと肌に閉じ込められている肌の状態といえます。

分かりやすくいうと、「肌のバリア機能が整うことにより肌荒れが改善され、肌の保水力がアップし、乾燥に負けないお肌になる」ということですね。

なので、敏感肌やアトピー肌のケアには、保湿効果が期待できる化粧品を使うのがいいと思います。

では、ブライトエイジは保湿力はいいのでしょうか?

ブライトエイジの乳液状美容液の説明には、保湿力について次のように記載してありました。

≪ブライトエイジの保湿力について≫

乳液と美容液の機能が1つになっている薬用の機能性美容液です。
化粧水の後のお手入れはこれ1本で、高い保湿効果があります
ハリ・美白・保湿に効果的な成分を配合し、加齢と共に起こる様々なお肌の悩みに原因から応える製品です。
さらに成分の浸透を助けてお肌に潤いを閉じ込める効果を追求したこだわりの処方設計になっております。
引用:ブライトエイジ公式サイト


ブライトエイジの乳液状美容液

ブライトエイジ公式サイトによると、「ブライトエイジの乳液状美容液は高い保湿効果がある」とあります。

肌のバリア機能を整えるには、保湿効果の高い化粧品を使うことが大切。

そういったことを考えると、ブライトエイジの乳液状美容液は、肌のバリア機能を整えるところから、肌荒れをしっかりとケアする化粧品であることが分かりました。

ちなみに、ブライトエイジには、高い保湿効果が期待できても、その場のかゆみを抑える効果はありません。

なので、かゆみを伴うアトピー肌のケアでは、ステロイド薬などで一時的なかゆみを抑えながら、かゆみを起こさない肌質改善を目指す必要があります。

ブライトエイジと敏感肌・アトピー肌の関係|まとめ

ブライトエイジと敏感肌・アトピー肌の関係をみてきました。

敏感肌・アトピー肌は、肌のバリア機能が弱まり、外部の刺激に反応しやすくなっている肌質といえます。

なので、敏感肌・アトピー肌の改善では、肌のバリア機能を整えることが大事といえます。

そして、肌のバリア機能を整えるためには、肌の保水力を高める必要がありました。

ブライトエイジの保湿効果を調べてみると、ブライトエイジの乳液状美容液には「高い保湿作用」があることが分かりました。


乳液状美容液
美容液と乳液が一体化

以上のことから、ブライトエイジは敏感肌・アトピー肌の方にもおすすめできる化粧品であると思いました。

ただ、化粧品には合う合わないがありますし、敏感肌・アトピー肌の方は、とくにその傾向が強いと思います。

なので、ブライトエイジが気になるときには、トライアルキットからブライトエイジがお肌に合うか、まずは一度、お試ししてみるのが一番いいと思います。

↓ブライトエイジの販売店情報

ブライトエイジの販売店舗・取扱店|店頭にあるの?通販限定です